現場の取り組み

現場での取り組み

安全で作業がやり易い足場を施工することが大前提ですが、当社ではこれだけでは不十分であると考えています。建設工事における足場は、 最初と最後に施工するケースが多く、近隣に対する配慮やマナーの良し悪しが本工事の印象やスムーズな進行に影響を及ぼすこともあります。
当社では、工事に携わるチームの一員として以下の点を現場での取り組みとして徹底しています。

  1. 作業前の施主・近隣に対する挨拶の徹底
  2. 挨拶の際は、名刺を渡すことを職方に徹底(ご不在の場合は名刺を投函)
  3. トラック駐車後、安全に配慮し横断幕を設置
  4. アスファルト等を傷つけないように養生の実施
  5. 作業後の清掃の実施
  6. 施工完了時、解体時は、現場責任者による写真撮影を実施
  7. シートは、美観を考慮し専門スタッフにて施工

現場到着後、最初に施主及び近隣に対する挨拶を行います

挨拶の際は、責任者の名刺をお渡しします

トラック駐車後は、横断幕を設置するなど安全に努めます

部材を置く際は養生するなど、傷つけないように配慮します

足場施工完了後は、工事看板を設置します

作業完了後は、清掃を実施します

施工完了時、解体時は、現場責任者による写真撮影を実施

他社に先駆け、シートは技術のある専門スタッフに分業化して います

美観に配慮した施工に努めます


このページの先頭へ